当研究所は、籏野次郎(創立者)が小学校6年の時に関東大震災を体験し、以来再びあのような悲惨なことがあってはならないと思い続けて、昭和47年、60歳の時に経営していた町工場を長男に託し、私費を投じて避難研究所を設立、防災の研究に没頭するようになったのが始まりです。

昭和56年4月には「財団法人市民防災研究所」に改組し、多くの理解者と消防防災関係機関の協力のもと、市民一人ひとりが地震、火災等の災害から身を守るための研究と、市民の立場から発想した内容の防災普及活動を行っています。

詳しくは当研究所ホームページをご覧ください。
http://www.sbk.or.jp/

推奨ブラウザはInternetExplorer11、Safari(MacOS X 10.11、iOS9)です。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000